【いちにちいち縄文神社】⑤鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)


本宮社殿(写真:武藤撮影)

平安時代に「神宮」とされたのは、全国でも三社のみ。伊勢の神宮、香取神宮、そして鹿島神宮です。そんな屈指の名社である鹿島神宮も、やはり境内や周辺に多くの縄文遺跡が確認されています。

みたらし坂周辺からも貝塚や遺跡が発見されている(写真:武藤撮影)


前作『首都圏篇』では、対として語られる香取神宮(千葉県香取市)をラストにご紹介しておりまして、今作ではその流れをつなぎたくて、第一章の一番めにご登場いただきました。

湧水が美しすぎる御手洗池(写真:武藤撮影)

壮麗な社殿、美しすぎる湧水池、深い森と要石…。太古から今に至るまで、連綿と祈りがつながってきたまさに「縄文神社」です。

鹿島神宮の境内外の摂社も、ほとんどが縄文遺跡と重なっており、カシマの土地の深遠さを改めて思いました。本書では、摂社も4社ご紹介しています。そんな深遠な聖地を、私なりに考察してみています。ぜひお手に取ってみてくださいね!

*  *  *

『縄文神社 関東甲信篇』(双葉社)好評発売中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました