TOP PAGE

  最強聖地にいってみよう 

新着記事

ありがとうございます。おかげさまで重版出来!!
昨年6月に刊行しました『縄文神社~首都圏篇~』が、おかげさまで重版になりました~! 1年かかってしまいましたが、重版までたどり着けて、改めて買って下さった皆様への感謝が込み上げてくると同時に、これで多少は版元さんにも還元できるかな?とホッといたしました。それもこれも、皆様のご支援の賜物です。改めまして、御礼申し上げます。 次回作の取材も続けております!2冊[続きを読む]
【いろもろ日記】4/4 栃木&茨城巡礼中!~「うつのみや遺跡の広場」の話など~
芝生左に見える穴が墓壙レプリカで、正面が長方形大型建物(横面)、右が大型竪穴住居 昨日・一昨日と宇都宮・鹿沼を中心に巡礼してきました。宇都宮は栃木県の県庁所在地で、文化の中心地ですから当然知ってましたし、関東生まれなので、子どものころから何回か行ったことがありました。でも「縄文神社」という視点を念頭に訪ねてみると、見えてくるものが、本当に違いますね! 思い返してみ[続きを読む]
さすが関東文化の華”足利”!ジンワリ風雅なお社「板倉神社」(栃木県足利市)
立派なので勘違いしてしまいますが、この建物は拝殿 関東文化の中心地のひとつ・足利 栃木県と群馬県の県境に位置する足利市は、源氏ゆかりの古都。鎌倉文化の中心地のひとつとして、そして現在でも関東文化の中心の一つだと思います。源氏との関係が生じたのは、平安時代のこと。源氏の棟梁・八幡太郎義家の三男・義国が足利庄を治め、義国の次男・義康がこの地を引き継ぎ、足利氏を名乗りま[続きを読む]
湧水の名所・松本に鎮座する縄文神社「千鹿頭神社」(長野県松本市)
日本列島の真ん中で… 松本市は長野県の中央に位置する都市で、フォッサマグナ(中央地溝帯)が形成する盆地に位置しています。フォッサマグナですからね。ざっくり言えば、この盆地の周辺の西側が西日本。東側が東日本だと思っていいわけですよね。日本列島でも最大級の境界線の地帯が、長野県だと考えると、改めてアツい……。日本の真ん中、中空、と言いますか。今回ご紹介したい「千鹿頭[続きを読む]
《縄文神社》というコンセプトへ辿りつくきっかけをいただいた一冊~『原始の神社をもとめて』岡谷公二著(平凡社新書)
東アジア文化圏の根底に流れるもの 沖縄が好きすぎて、毎年何度もおとずれ(コロナ以前はですが)、それでは足りなくなって、琉球民謡(登川流)を習っていたワタクシ。なぜかはよくわからないのですが、初めて那覇空港に降り立った時に、「身が馴染む~」と思ったんですよね。それ以来どはまりして今に至ります。そんな沖縄ラブな私に、絶対に面白いよ!と、この本を友人Sさんが勧めてくれ[続きを読む]
丘陵地帯を流れる荒川水系・和田川の傍らに佇む「出雲乃伊波比神社」(埼玉県熊谷市)
荒川中流域の要衝・熊谷 私事で恐縮ですが、私は高校時代を熊谷市内で過ごしました。自宅からバスで50分もかかって、すごく遠かったのですが、どうしてもその高校に行きたいと思って、あえて志望したんです。「古き良き」日本の雰囲気が残る、本当に素晴らしい高校でした。懐かしいな~。 そんな個人的な思い入れを差し引いても、熊谷は実にいいところです。独自の文化がある。私が[続きを読む]
【いろもろ日記】1/13 お仕事デジタル化計画!
HPに使うイラストはPhotoshopで描いたりしてましたが、拙著『縄文神社』では、なんと製図ペンと墨で書くというアナログっぷりを見せつけてしまいました。 以前からiPad使ったらいいのに~、と友人から勧めてもらってました。でも、なかなか移行できずにいたんですね。しかしいよいよ年末からiPadを導入! 見よう見まねでイラストも描き始めました。確かにこりゃ、楽!![続きを読む]

タイトルとURLをコピーしました